盛岡 | カテゴリー
最近の記事
盛岡 | アーカイブ
盛岡 | モバイルサイト
qrcode
石鹸作り体験&ハーブの摘み取り
5月22日に、宮古市磯鶏周辺の4公営住宅入居者の合同交流会を開催しました。
昨年11月に開催した「おさんぽ会」の発展形となります。

内容は、宮古市八木沢にある「潮風のハーブ園」にて、石鹸づくり&ハーブ(カモミール)の摘み取り。





参加した皆さんにも楽しんでいただけたようでしたし・・・何よりも、弊団体のスタッフが楽しんでしまいました。
しかし、4住宅合同と言いつつ、参加者の合計は3名で、2住宅からは参加者なし。






繰り返し顔を合わせることが重要な、コミュニティ形成に外部から関わることは、かなり難しい課題だと思っています。
お子さんがいる家庭であれば、子供を通した交流が生まれます。
また、仕事をなさっていれば、仕事を通したコミュニティに所属します。
ただ、ご高齢の方となると、そういう機会もありません。
その解決策として「地域サークル」という形を模索しています。

宮古市社協の連絡員の方のお話では、体調不良や別件で参加できない方もいらっしゃるとのこと。
また、2住宅は入居開始から日が浅く、引っ越し疲れ、片付けが忙しいとの話もあり、潜在的には10名弱の希望者がいるように思えました。
成果はあがりませんが、いつか、サークルのような自律的な活動に発展するまで、継続していく必要があると思いました。
そして、「公営住宅入居者」という枠に捉われず、引っ越してきた地区に早く溶け込んで欲しいという思いを新たにしました。



《報告/佐藤》
| カテゴリー: 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
しぇあハート村歓迎会
4月17日に、いわてゆいっこ盛岡の事務所があるしぇあハート村で、今年からシェアハウスに入ってきた7名の歓迎会が行われました。


美容関係を目指してる人、作業療法士や消防士、パティシエを目指してる人など、みんな自分のなりたいものに向かって新生活を頑張っております。
短い時間でしたが、しぇあハート村楽団の演奏や、ゆいっこ担当のゲームなど、楽しい時間を過ごす事が出来ました。



目標に向いながらも、学校生活や村での生活を楽しんでほしいと思います。


報告/大金
| カテゴリー: 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
【支援金をありがとうございました】
2015年12月にいただいた支援金の報告をさせていただきます。

12月9日 じゃじゃおいけん さん 
12月24日 tarou さん

よりご支援いただきました。
いつも本当にありがとうございます。
お預かりしたお金は、宮古への交通費やイベント開催費用、事務所の維持費に使わせていただいております。
本当にありがとうございます。

※ご支援いただいた方へ、一同是非お礼を申し上げたいと思っております。
差し支えなければメール 
 morioka@yuicco.com でご連絡先を教えていただければ幸いです。

報告/
八重樫
JUGEMテーマ:ボランティア

 
| カテゴリー: 支援金のご報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
【支援金をありがとうございました】
10月にいただいた支援金の報告をさせていただきます。
ご報告が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

10月26日
●tarou さん 

よりご支援いただきました。
いつも本当にありがとうございます。
お預かりしたお金は、宮古への交通費やイベント開催費用、事務所の維持費に使わせていただいております。
本当にありがとうございます。
※ご支援いただいた方へ、一同是非お礼を申し上げたいと思っております。
差し支えなければメール 
 morioka@yuicco.com でご連絡先を教えていただければ幸いです。

<報告/八重樫>
JUGEMテーマ:ボランティア
| カテゴリー: 支援金のご報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
11/7,8 磯鶏復興住宅交流会
JUGEMテーマ:ボランティア
11月7日、8日に宮古市磯鶏地区の復興住宅(災害公営住宅)で交流会を行いまし
た。
交流会といっても、大きなイベントではなく「おさんぽ会&お茶っこ」という、
日常にできるだけ溶け込んだ交流会にしました。

復興住宅の交流会は、各地で参加者が少ないとの話を耳にしますが、今回も「交
流会」と呼ぶには不十分な参加人数でした。
不参加の理由については、(当然)分からないのですが、社協の相談員や民生委
員の方は、
 「そこまでして交流を望んでいないのではないか?」
 「もう、被災者扱いされたくないのではないか?」
と、推測されていました。

その一方で、お茶っこに来てくれた方が「仮設の時は集会所に行けば話ができた
けど、ここでは誰とも話ができない」と話していました。
社協の相談員の方も「災害公営住宅の新しい生活は、4年前の仮設での一からの
状況と同じなんです」と話していました。

交流会を希望する方と、交流会にニーズを感じない方の混在。
前者のニーズを満たしながら、後者に物理的・精神的な負担なく巻き込める方法。
そして、復興住宅に閉じられたコミュニティ形成ではなく、地域に溶け込んだコ
ミュニティ形成。

ゆいっこ盛岡として、どうしたら、このようなことに協力できるのか、もう一度
考えてみたいと思います。

<報告/佐藤 >
| カテゴリー: 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/97PAGES | >>