盛岡 | カテゴリー
最近の記事
盛岡 | アーカイブ
盛岡 | モバイルサイト
qrcode
<< 【活動報告/7月19日(土)しぇあハート村草刈り】 | 盛岡TOP | 【活動報告・番外編/7月12日(土),13日(日)菜の花大地復興プロジェクト ボランティア@釜石 2日目】 >>
【活動報告・番外編/7月12日(土),13日(日)菜の花大地復興プロジェクトお手伝い@釜石 1日目】
今回私たちは、釜石の『ユナイテッドグリーン』さんにお世話になりました。私にとっては初めての泊まりがけのボランティアになります。
こちらのユナイテッドグリーンさんは、

〆擇硫崑臙鷲興プロジェクト
▲┘灰┘優襯ー100%古民家ハウス づくり
G冖リサイクルプロジェクト

という事業を中心に活動されている団体さんで、このうち今回私たちはの菜の花大地復興プロジェクトのお手伝いをしてきました。

●1日目

釜石に到着してすぐエコエネルギー100%古民家ハウスへ向かいました。古民家ハウスはまだ改築途中でしたが、白塗りの壁に、津波をかぶった木を塗装して作ったテラス、可愛い置物たちがあり、とても良い雰囲気の建物です。テラスと屋上にはそれぞれ大きさの異なるソーラーパネルが設置してあり、実際にその電力で大きな扇風機を回してくれました。
午前中は、収穫してハウスで乾燥させている菜の花を大槌から釜石まで運搬する作業を行いました。ハウス→トラック→ハウスと移動させるのですが、よく乾いた菜種は触るとすぐにはじけて落ちてしまいます。その為、どの工程でも作業は必ずビニールシートを敷いた上で行いました。
この日の気温は30度程。ハウスの中は熱風が来るほど熱く、まるでサウナで作業をしているようです。ゆいっこメンバー6名+ユナイテッドグリーンさん3名で作業しても運搬が終わるころには私たちは暑さと疲労でぐったりしてしまいました。これを少ない人数で行うのは本当に気が遠くなる作業です。
 


午後はユナイテッドグリーン代表の山田周生さんのプレゼンテーションを聞きました。山田さんがなぜここでプロジェクトを行っているのか、これからの展望など、プロジェクターを使って説明していただきました。(もちろんプロジェクターもソーラー発電の電力で動かします!)
長期的な復興の在り方や、復興のその後、釜石だけでなく地球の100年後の未来の為にはどうしたらよいのか。今までに私は考えたことがない程、スケールの大きなお話でしたが、山田さんの今までの経験や確実で前向きなプレゼンに、自然と気持ちが動くのを感じました。
 

夜はおまちかねの交流会です。宿泊先の古民家で、ゆいっこが料理をつくり、皆でいただきました。
 

ユナイテッドグリーンのお手伝いをされている方には日本一周の途中という方が2人もいらっしゃいました!代表の山田さんも日本一周の途中に岩手で震災にあい、そのまま釜石にとどまっている方なので、皆さんの自己紹介だけでも興味深い話がたくさん聞けました!
 



ボランティアや普段の生活の中で、こうしてみたいという想いは大なり小なりありますが、それをやってみる一歩がなかなか踏み出せなかったり、余分に不安を持ったりしてしまいます。やってみたいことをやるシンプルさと、それに取り組む真剣さに、大きな刺激を受けた2日間でした。ユナイテッドグリーンの皆さん、釜石の皆さん、ありがとうございます。

<報告/菅原
| カテゴリー: 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://morioka.yuicco.com/trackback/458
トラックバック