盛岡 | カテゴリー
最近の記事
盛岡 | アーカイブ
盛岡 | モバイルサイト
qrcode
<< 【活動報告】10/4(土)しぇあハート村文化祭 | 盛岡TOP | 【活動報告】10月12日市場まつりでの物販お手伝い >>
【活動報告】10月4、5日まるっと!三陸海産市での物販お手伝い
10月4日、5日は
JUGEMテーマ:ボランティア
10月4、5日は、盛岡市の盛岡城跡公園で行われた「まるっと!三陸海産市」で、物品販売のお手伝いに参加しました。
正確に言えば「まるっと!三陸海産市」に出店していた「輝きの和」さんの物品販売のお手伝いです。
「輝きの和」は、宮古市を中心に、被災された方々の手仕事による商品の販売を通して「自立」と「復幸」の支援をされているNPO法人です。

初日、10月4日(土)
快晴の空の下、送られたてきたプラスチックの衣装ケースを開けると、割り当てられたテーブルには置ききれないほど沢山の商品。焦りながら商品を並べていると、両隣のブースのお母さんたちがディスプレイを手伝ってくださいました。ありがとうございました!この場を借りて、お礼申し上げます。

午前中は、こんな感じでバタバタしながらも、小物を中心に売り上げが伸びていきました。
「輝きの和」の商品は、着物のリメイク品のため生地も良く、作りも丁寧で、私も「実家の母のお土産にしようかな」などと思いました。個人的には、帯地で作った巾着はが、上品さと型崩れしない丈夫さを兼ね揃えて
いて、気になっていたのですが早いうちに売れてしまいました。
悔しいやら、嬉しいやら。

会場では、三陸の海産物を調理・販売しているお店が並び、美味しそうな香りが漂います。
ステージも“山田の唄う漁師”友さん、“大船渡出身のシンガーソングライター”濱守栄子さん、岩手まるごとおもてなし隊たちの出演で盛り上がっていました。
お陰様で、客足も途絶えることなく、初日は終了。

売れ筋が小物だったせいか、売上げとしては伸びていない気がしましたが、二日目の売り方を考えつつ帰途につきました。

二日目、10月5日(日)
スタッフも増員、ディスプレイの見直しもかけ、ポップも作成して万全の体制で臨みました。
懸念材料は、初日の売れ筋だった小物の在庫が少ないこと。でも、きっと、昨日より売り上げも伸びるはず。

会場は、大船渡のさんまの無料お振舞もあり前日以上の人出になりました。
ステージも前日に引続き盛り上がっています。
ゆいっこの事務所がある「しぇあはーと村」で結成された「しぇあはーと楽団」の出演、そして、ゆいっこ代表吉田の熱唱に感動しま・・・した。

このような理由もあり、私たちの販売ブースに挨拶に来てくださる方も多く、初日以上の盛況感がありました。
しかし、売上げは前の日に比べて伸びません。

実は、今回初めて「輝きの和」のお手伝いをした私には、前日から気になっている商品がありました。可愛いお顔をした、手づくりのお地蔵さんの置物です。
初日は、箱の中で他の商品に埋もれていたので、二日目はカゴのなかに並べてみました。
「かわいいねー」と手に取って下さる方は、前日よりも沢山いらっしゃいましたが、お買い上げ頂くには至りませんでした。
「何で売れないんだろう?」と考えていた時、他のスタッフから「これ、昔は人気商品だったんですよ」と教えられました。

ふと、こういうのも「風化」なのかな?と思いました。そうだとしたら「私たちにできることは何だろう?」
日も陰り、肌寒さを感じる夕方。そんなことを考えながら、帰途につき、二日間の活動を終了しました。
<報告/佐藤>
| カテゴリー: 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://morioka.yuicco.com/trackback/467
トラックバック