<< しぇあハート村歓迎会 | 盛岡TOP | もりキャン >>
石鹸作り体験&ハーブの摘み取り
5月22日に、宮古市磯鶏周辺の4公営住宅入居者の合同交流会を開催しました。
昨年11月に開催した「おさんぽ会」の発展形となります。

内容は、宮古市八木沢にある「潮風のハーブ園」にて、石鹸づくり&ハーブ(カモミール)の摘み取り。





参加した皆さんにも楽しんでいただけたようでしたし・・・何よりも、弊団体のスタッフが楽しんでしまいました。
しかし、4住宅合同と言いつつ、参加者の合計は3名で、2住宅からは参加者なし。






繰り返し顔を合わせることが重要な、コミュニティ形成に外部から関わることは、かなり難しい課題だと思っています。
お子さんがいる家庭であれば、子供を通した交流が生まれます。
また、仕事をなさっていれば、仕事を通したコミュニティに所属します。
ただ、ご高齢の方となると、そういう機会もありません。
その解決策として「地域サークル」という形を模索しています。

宮古市社協の連絡員の方のお話では、体調不良や別件で参加できない方もいらっしゃるとのこと。
また、2住宅は入居開始から日が浅く、引っ越し疲れ、片付けが忙しいとの話もあり、潜在的には10名弱の希望者がいるように思えました。
成果はあがりませんが、いつか、サークルのような自律的な活動に発展するまで、継続していく必要があると思いました。
そして、「公営住宅入居者」という枠に捉われず、引っ越してきた地区に早く溶け込んで欲しいという思いを新たにしました。



《報告/佐藤》
| カテゴリー: 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://morioka.yuicco.com/trackback/505
トラックバック