盛岡 | カテゴリー
最近の記事
盛岡 | アーカイブ
盛岡 | モバイルサイト
qrcode
9/19〜21 もりキャン2015 Bコース
JUGEMテーマ:ボランティア


3日間おつかれさまでした
このようなボランティア活動は私自身初めてだったこともあり他のスタッフの皆さまに大変ご迷惑をかけてしまった場面もあったと思います。すみませんでした
皆さまの協力があったことで今年のもりキャンは大成功に終わったと思います
子供たちからも来年も来たいなど嬉しい感想をきけたので是非とも来年ももりキャンを開催していただけると嬉しく思います
私自身ももりキャンに参加したことで貴重な体験ができましたし、とても楽しむことができました
そして様々勉強になる部分もありこの3日間を経たことで大きく成長できたのではないかと思います
本当にありがとうございました

<野崎>

 

三日間本当にありがとうこざいました。
大変な時もあったけど楽しく活動することができました。小学生たちと会話をしたりキャンプをするのはたのしかったです。あっという間の三日間でした。あと、班の小学生をうまくまとめれなくてすみませんでした。

<岩間>

 

今回初めての参加で戸惑う事もありましたが、小学生と協力してキャンプを行ったり、動物公園を巡ったりと、とても楽しく学ぶ事の多かった3日間でした。

<長根>

 

もりキャンに携わって4年。当日の運営に関してはようやく形になったかな、と思います。

もちろん多々課題はありますが、何より子ども達が大きな事故もなく無事に笑顔で帰る事ができてホッとしています。

ボランティアスタッフの皆さんにも大変お世話になりました。自発的に動いてくれたり、こうやったら良いのでは?とご意見を戴いたり本当に助かりました。

子ども達にとってもスタッフの皆さんにとっても、少しでも意義のある3日間であったなら嬉しく思います。

<吉田>

 

| カテゴリー: 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
9/19〜21 もりキャン2015 Aコース
JUGEMテーマ:ボランティア


子どもたちの接し方に迷ったり、キツい言葉を投げかけられたりと、大変な場面も多かったですが、とても充実し楽しいイベントでした。カヌー体験やアイスクリーム作り、牛のエサあげは私も初めて経験することで、私自身も貴重な体験を出来たように思います。
そして、何よりも子どもたちと関わって大変充実し楽しい時を過ごすことができ、とても有意義な時間でした。参加した子どもたちも楽しめるような手助けが私のほうも出来ていたならば、とても幸いに思います。

3日間ありがとうございました。自分自身良い経験となり、勉強になることも多々ありました。

<佐藤>


またボランティアなどの活動がありましたら、お誘いいただけたらと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

<鵜浦>

 

今までもお声掛けいただいていたのですが、仕事のシフト上参加できずにいたので、今回は参加できて大変楽しかったです。
また社会人として自分の仕事関連のボランティアには参加したことありましたが、このような形のものには初めてだったため、他のボランティアの皆さんと、特にゆいっこの皆さんのモチベーションの在り方にとても関心しました。また日常、仕事をし他の自分の生活がありながら、このような活動をするというのは凄いことです。真剣にやろうとしたら尚更だと思います。
こういった活動が成果として実っていく中で、その評価を行政や地域がきちんとして、ただの無料奉仕とは異なる意味で、ゆいっこの活動がもっと注目されても良いのではないかとも感じました。これから震災から日も過ぎ、他の震災も重なる中で、東北における復興という言葉も薄れ状況も変わってくると思いますが、時勢に合わせながら地域を育てる活動ができる、またそれらを補助するボランティア活動ができたら理想的なのだろうと感じました。

<野中>

 

今回、前年に引き続き二度目のボランティアへの参加となりましたが、昨年の経験を生かすことができたと思います。
 ですがやはり子供達は予測できない行動を多くとるのでそれに対応することができずに、周りの方にも子供達にも迷惑をかけてしまったかもしれませんが、無事終えることができました。
 班長として子供達を引率する立場でしたが、子供達と行動を共にし様々な体験をすることで彼らから学ぶこともあり、有意義な時間を過ごせました。
 次回も開催される際には是非参加させていただきたいです。

<渡辺>

 

| カテゴリー: 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
4/18 しぇあハート村歓迎会
JUGEMテーマ:ボランティア
シェアハート村、歓迎交流会に参加させて頂きました。
シェアハート村では、この春新しく学生生活を始める新寮生を迎え、地域の方との交流会が行われました。

ハート村の活動内容がスクリーンを使って紹介され、 ゆいっこボランティアはゲームを担当。身体を使ったジェスチャー当てゲームを準備し 御年輩の方達も皆さん楽しく笑い声もおこり、良かったです。
ハート村の方達の歌と演奏が、会場を盛り上げて下さいました。

同じテーブルについた方から、津波の経験し、家を手離した、誰かを助けられなかった事など、とても辛いお話を聞きました。心安らむ時が無いと聞き、胸が詰まりました。
細やかでも、このように人と出逢い、繋がり、これからの人生に少しでも楽しい、暖かな時間が有るようにと心から願いました。
参加させて頂き、ありがとうございました。
  <報告/及川>
| カテゴリー: 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
【活動報告】3/11 祈り灯火〜これからも共に〜
JUGEMテーマ:ボランティア
2015年3月11日
この日は朝から大雪と暴風に見舞われ、祈りの灯火を開催できるかどうかわからない状況でした。
会場の歴史文化館に到着すると、やるかまだ決定していない状況にも関わらず沢山のボランティアさん達が雪かきをしていました。

今年1番といってもよいくらいの大雪で、雪を払うのに昼までかかりました。
しかし、その雪もだんだんと落ち着いてきて何とか開催できそうな状況です。

午後からは更にたくさんのボランティアスタッフが集まり、午前中の遅れを取り戻していきます。
雪も降ったり止んだり、寒さもこの時期にしては厳しく大変な中でしたが、いままでの灯籠制作会や県内・県外から想いを込めて送ってきていただいた約1万の灯籠を灯したいという皆さんの気持ちが伝わったのか、時折風は強い中ですが灯籠に火を灯すことができました。

会場では他に屋台やステージ、また中では物販や映画なども催され、悪天候の中ではありますが少しずつ市民の方々も集まってきました。
今回も牛乳パック灯籠の他に、田老夢あかり・回り灯籠・キャンドルなど様々な灯籠が灯されました。

雪や風で何度も火が消えましたが、その度にスタッフや市民の皆さんが再度点灯していきます。
毎年同じような状況を見てきましたが、その諦めない姿に毎年感動してしまいます。。。

最終的に来場者は悪天候も重なり多いとは言えませんでしたが、祈りの灯火の準備段階から関わって下さった方々、灯籠制作していただいた方々含めると今までで一番たくさんの方と共有できたのではないかと思います。

被災地域から遠ければ遠いほど、どうしても風化は進んでいくものですが、これからも少しでも多くの方に、震災に対する想いや行動、災害に対する備えなどいま一度思い起こしてもらえたら嬉しいです。

まだゆいっこの復興支援は終わっていません。
これからは地域コミュニティの再形成に力を入れていきたいと思います。
皆さんのお力をお借りすることもあるかと思いますが、どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。
<報告/吉田>
| カテゴリー: 活動報告 | comments(2) | trackbacks(0) |
【活動報告】2/28 灯籠制作会@見前公民館
JUGEMテーマ:ボランティア

今日は見前地区公民館にて、中学生6名とご婦人のかた1名、公民館の職員のかた1名、ゆいっこ3名で灯籠作りを行い交流させていただきました。

まず最初にゆいっこ盛岡の簡単な紹介をさせていただきました。ゆいっこ盛岡が何をしている団体か問いかけると、知らないということでしたのでもっと認知度を上げていかないとですね(苦笑)

早速、灯籠作り。中学生のかたは絵心あり、創造性豊かです♪、メッセージ性もあり非常に素敵な灯籠を作成しておりました。ちなみに私が作成したのは最近流行りの寄生獣のミギーの絵がついた灯籠です(笑)

絵はともかくとしまして、震災から4年経過しても、若いかたがたが震災に関心を持ち今回のようにボランティア活動に参加することは、非常に尊敬になり、ただただ関心です。ちなみに私が学生時代はボランティアに全く関心なく偽善としか思っていなく、ひねくれてました(苦笑)、今は違く大人な考えになりましたよ(笑)

中学生の中には実際に被災地で活動したことがあるかたもおりました。また、中学3年生で今時期いろいろ忙しい中参加していただいたかたもおりました。頭が下がります。

ご婦人のかたはヨガを催されているかたで、何か自分でもできることがないかと思い一人で参加してくださったとのことでした。なかなか今ボランティアのかたは一人で参加することは少ないです。こちらも頭が下がります。

公民館の職員のかたは、灯籠に独自なデザインをつけるための道具を購入されていたりしました、やる気まんまんです。実は今回こちらの手違いやミスで大変ご迷惑をかけてしまったのですが、すごく寛大に対応してくださいました。申し訳ありませんでした、本当にありがとうございます。こちらもまたまた頭が下がります。

灯籠を作成し終えた後は、灯籠を並べ部屋を暗くし、みなで鑑賞しました。非常に綺麗ですね〜♪、心が洗われます。

最後にそれぞれ感想を言い、締めました。

今回作成した灯籠は3月11日の祈りの灯火にて設置させていただきます。震災から4年経過し風化も言われているこの頃です。被災地のかたがたにとっては決して忘れることはできません。私たちは日常生活を送っていると忘れてしまいがちですが、忘れてはならない意思を持ち続け、これからも活動に携わっていきたいと思います。
<報告/成田>

| カテゴリー: 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/38PAGES | >>