盛岡 | カテゴリー
最近の記事
盛岡 | アーカイブ
盛岡 | モバイルサイト
qrcode
【終了しました/4/21(日)宮古市田老・ボランティアツアー参加者募集!】
 東日本大震災から2年がたち、3年目に入りました。
記憶の風化などが叫ばれており、実際に現地へ赴いて当時の状況や現状を知る機会も少なくなっていると感じます。今だからこそ分かることもあると思います。沿岸に行ったことがない、語り部さんのお話を聞いてみたい、などなど…そんな皆様、ぜひぜひご参加ください。

【ボランティア&ツアー】
<開催日>4月21日(日)

<スケジュール>
7:00 盛岡駅(集合場所は参加者により追加 します)
10:00〜 ボランティア(高浜の仮設住宅の方と灯籠づくり)
お昼休み
14:00〜 ガイド付きツアー @宮古市田老
19:00 盛岡解散(予定)

<持ち物>
お昼ごはん
動きやすい服装
ボラン ティア保険カード

<お申し込み方法>
※締切/4月18日(木)正午
いわてゆいっこ盛岡事務局まで下記内容を添付のうえメールでお申し込みください。
●名前(ふりがな)
●年齢
●住所
●携帯番号
●携帯メールアドレス
●緊急連絡先(ご家族携帯番号など)
事務局MAIL morioka@yuicco.com

※ボランティア保険は、昨年度かけられていた方は 3月で期間が終わっています。 新たに今年度の保険にご加入ください。 どうしてもご自分で加入に行けない方は、事務局に4月18日(木)正午までにメールでご相談ください。
| カテゴリー: ボランティアツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
【東京発ツアー】「宮古市仮設住宅ボランティアと自然エネルギー体験@森と風のがっこうvol.2」〜森を感じる〜

pdfでもご覧いただけます

久々にツアーのご案内です。

以前7月に行った「宮古市でのボランティア活動」+「自然エネルギー体験」のvol.2を行うことになりました。 出発場所は前回と同様東京の浜松町になります。

前回のツアーではボランティア内容が側溝掃除でしたが、被災地の状況も変わっており、今私達が主な活動としている宮古市内の仮設住宅の修繕を行う予定です。
詳しくはゆいっこ盛岡blogの【9/4の高浜地区での活動報告】をご覧ください。
女性の方も補佐的なお仕事もありますので、心配ありません!
ゆいっこスタッフの女性も参加してます(^_^)v

また、自然エネルギー体験ができる施設「森と風のがっこう」(@岩手県葛巻町)は7月からの約3カ月でまた変化がありました。
 

廃校を利用した母屋の裏手には川1本挟んで森がありました。
この3カ月で川を渡る橋が架けられ、森に続く道には間伐材を利用して作った小道ができ、子ども達が森で活動するための椅子やテーブル、シートをかければ簡易的なテントに早変わりする枠組みなど、大人でもワクワクするような環境が待ってます!
そうです。
  
森へ続く橋 製作途中の橋の様子。


今回は、自然エネルギーの施設での宿泊体験研修森を感じて考えるツアーです。

海にも繋がる川。川の原点山や森。沿岸を守るためにも、これからの再生可能な生活を考える為にも、皆さんでもう一度考えたり話したりしてみませんか?

以下ツアーの詳細です。
ご応募心よりお待ちしております。

■宮古市仮設住宅ボランティアと自然エネルギー体験@森と風のがっこうvol.2 〜森を感じる〜

日程:2011/10/14(金)〜16(日)
お申込み締め切り:2011年10月2日(日)
出発場所:東京・浜松町バスターミナル
料金:¥24,800
募集人数:40名(催行最少人数25名)
参加資格:20歳以上の健康な男女ならどなたでも
持ち物:15日(土)分の朝食、ボランティア保険(お住まいの地域の社会福祉協議会で登録お願いします)、フリース・セーター等防寒出来るもの(必須)、寝袋、スニーカー(森に入る為。動きやすいもの)、タオル、入浴に必要なもの、着替え、マスク、軍手、その他自分で使う必要と思われるもの
※基本的に充電等はできますが、数が限られているので予めご了承ください。

◆申し込み先◆
岩手県北観光(主催旅行会社)
020-0033 岩手県盛岡市盛岡駅前北通5-1
TEL:019-622-2111
営業時間:平日9:30〜18:30 土曜日9:30〜13:30 日・祝日 定休
HP:http://www.kenpokukanko.co.jp/(こちらの「けっぱれボランティアツアーからお申込みできます)

◆問い合わせ◆
いわてゆいっこ盛岡(企画)
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮5丁目10-20-120号棟
TEL:090-4476-7083(代表)
    090-9744-8171(担当者:細田)
FAX:019-681-6010
MAIL:morioka@yuicco.com

PDFはこちらから









| カテゴリー: ボランティアツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
【ご報告】9月中旬実施予定のボランティアツアー延期に関するご報告とお詫び

 8月も残りわずかとなりました。
1週間程前は暑くて暑くて寝苦しい夜が続いていましたが、ここ数日は肌寒かったり、雨が降ったりとなんだか優れない天気が続く盛岡ですが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

岩手県葛巻町での自然エネルギー体験を盛り込んだ企画内容で7月に開催しました、第1回ボランティアツアー。
首都圏等遠方よりたくさんの方々にご参加頂きまして、有意義なボランティア活動をさせて頂きました。

第2回は、8月の盛岡さんさ踊りとボランティアを組み合わせての内容でしたが、平日開催等のため、応募者が少なく、残念ながら中止とさせて頂きました。

そして、3
来月9月16日〜18日開催を予定に、被災地での薪割り等のボランティアツアーを企画し、8月中旬頃数日間のみこちらのブログやツイッター等で募集をかけさせて頂いておりました。

しかし、京都五山送り火に使用する「薪」への国民の皆さまの様々な意見が飛び交う最中にあって、現段階でツアーを開催できないとの判断をスタッフ一同で致し、延期とさせて頂きました
 
理由として、
薪を使用した復興支援の現地の状況をきちんと把握する前にツアーを企画してしまったこと

そのため、今回の薪騒動に対し、あらゆる知識・知見に欠け、いわてゆいっこ盛岡として皆さまに適切な回答や対応ができない

今回実施予定だったボランティアの内容は、薪割り等であり、騒動になった「薪を燃やす」行為は組まれていなかったものの、問題になっている薪の放射性物質に対する正しい情報・判断基準の得られない中で、中途半端な実施はできない
 
以上の理由から、延期とさせていただきました。

 
この度の企画に際し、携わって下さった被災地の関係者の皆さま、また、このボランティアツアーを見て参加したいと思って下さった方々へは、ご迷惑をお掛けいたしました事、心から深くお詫び申し上げます。

 
今回の大震災は、私たちにとって未曾有の災害となりました。
災害ボランティアとは、普段の平時のボランティアとは違い、熱意や行動力だけでなく、常に学び考える力や知恵、判断力が大切だということを改めて実感しながら日々活動させて頂いております
来月で震災から半年が経ちますが、被災地復旧復興のため、さらには岩手、日本の復興のため、私たちは力を合わせ絆を大切にこれからも活動していきたいと思います。
10月以降もボランティアツアーを実施予定です。
引き続きご支援、ご協力の程、心からお願い申し上げます。
 

| カテゴリー: ボランティアツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
【中止になりました】宮古市田老地区ボランティア活動と盛岡さんさ踊り
先日より募集しておりました下記のツアーですが、遂行人数に至らなかったため中止となりました。お申し込みいただいた方々に深くお詫び申し上げます。 

暑い毎日が続いておりますが、皆様いかがおすごしでしょうか?

さて今月もツアーが発表になりまして、昨日より募集開始致しました!!

今回は東日本大震災で宮古市の中でも甚大な被害を受けた田老地区でのボランティア活動になります。
お盆に向けた「夢あかり」づくり、主に男性参加者の方に仮設住宅で利用する為の「涼み台(べんち)」づくりです

※「夢あかり」に関する詳しい内容は明日またお知らせ致します。


また、今回はボランティア活動後岩手県の県庁所在地である盛岡市に移動。
市内にあるつなぎ温泉宿愛真館での宿泊になります。
※男女別の部屋で4、5人ひと部屋になります。
緑豊かな御所湖畔に面し、素晴らしい立地です


更には、今回平日にもかかわらずツアー企画に至ったのは、
盛岡の夏の祭り「さんさ踊り」が
81()〜4日()で開催されるため


詳しいツアーの内容です。
【日程】
8月1日(月)〜4日(木)

【募集人数】
28名

【料金】
¥35,800

【行程】
8/1(月)
22:00 浜松町ターミナル出発

8/2(火)
6:00 盛岡市内で入浴
9:30 宮古市グリーンピア田老着
10:00-15:00 ボランティア活動
18:00 つなぎ温泉「愛真館」着(宿泊)

8/3(水)
9:00 「愛真館」出発
9:10-10:00 盛岡手づくり村見学
10:15-11:15 小岩井農場見学
11:40-12:20 盛岡駅ビル「フェザン」にて買い物
12:30-13:30 東家にてわんこそば
13:45-15:45 三ツ石神社〜鉈屋町見物(町家、酒造」
16:00-20:40  自由時間(さんさ踊り見物・夕食)
21:00 盛岡駅西口ターミナル出発

8/4(木)
5:00 浜松町ターミナル着 解散



今回「ボランティアをしたい!」、「岩手は初めて!」、「一人でも参加したい!」などという方には是非お勧め。ボランティア活動+岩手の魅力を感じて帰って頂きたいと思ってます。

私達と一緒に被災地への無理の無い、息の長いボランティア活動をしてみませんか?


ツアーに関するお問い合わせは・・・
■企画■
いわてゆいっこ盛岡
ツアー担当:細田 090-9744-8171
E-mail 
maaco777@gmail.com
          
■主催旅行会社■
(株)岩手県北観光 TEL:019-622-2111

お申し込みはこちら↓
http://www.kenpokukanko.co.jp/tpc/reserve/tpc_tour_det.php?gc=042111080036


| カテゴリー: ボランティアツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
【7月ツアー感想】スタッフが感じたこと
今さらですが、ツアースタッフの皆からの感想、是非読んでみてください! ↓↓↓↓↓



僕たちにとって初めてのツアー企画
期待アリ、不安アリでドキドキしていた

だからですか!?
お腹がいたいのは!!
でもソレも参加者に出会ってすっかりよくなった

だって皆イイ顔してるから
「みんな同じ目的をもった仲間なんだな」と納得しました

今回、大勢の方に参加して頂いたコト、本当に感謝しています

全員と会話できたわけではないですが、様々な価値観、考え方に触れられたコト、僕にとって学ぶべき所が数多くあった、実りのあるツアーでした

この出会いと機会に感謝します

ゆいっこ代表 藤原慧矢



自分が一番印象に残ったのが森とかぜのがっこうでエネルギーに関して生活水準を今より下げるという話題でした

便利さや快楽追求、自分達のことばかり考える社会より多少不便ながらも忍耐力を身につけること、人と交流して支えあう力や人間関係を育むこと、などの方が必要なのではないかと個人的にはおもいます

特に今回の身近な震災において、森と風のがっこうで学んだことや、今の時代の人間関係や
物質的な風潮からもその様なことを深く考えさせられました

といっても今の文明社会で時代を戻すようなことは難しいと思います

個人単位ではなく県単位、国単位で今ある身の回りの物や生活が当たり前のものではないことに気づくこと。
「何が大切なのか」という生き方における価値観について見直すことができていったらと思います

成田



今回のツアーは参加者とのコミュニケーションをとらないと!って感じで。
想像できない方もいらっしゃると思いますがこう見えてわたくしは、人みしりのトゥ シャイシャイ ボーイでございまして心地よい緊張感でした

地元の方々と我々内陸のボランティアと遠方のボランティアの方々

やはり一つの目標が定まっていると打ち解けるのも早い気が打ち解けたら作業効率もぐんぐん上がって目標を軽くクリア

後ろ髪引かれる思いで向かった風呂&森と風のがっこう。
日本ならではの裸の付き合いで更に打ち解け夕食へ。
美味しいカレーに釜で炊いたふくらごはん。
ペコぺコリーナだったので3杯おかわりしちゃいました!

その夜、星の美しさに感動
天の川も見えたし何より流れ星を久しぶりにみてエキサイティングしちゃいました

次の朝、意外と皆早起きで、薪割りもめっちゃ楽しくて気持ちよく
薪割りしてほしい方、ご一報ください

(中略)

最後の自己紹介・ツアーの感想タイムでは皆さまが様々な形での末長い支援の方向でやはり一人一人が無理なくしていくことが大切

自分にできることを少しずつやって行こうとあらためて思いました

長谷川 裕一


2日目からの参加でしたが・・・

同じ想いをもって参加するなかで「チームゆいっこ」として一つになれたのではないか、と思います
皆さん、自分の経験を具体化しようと話されていたのが印象的でした

人がつながっていくのは嬉しいこと
日本人としても、ゆいっことしても結びつきができた貴重なツアーでした!
大きなエネルギーをかんじました!!

佐藤 稔子


初めてのゆいっこ企画ツアー、短い準備期間でどれだけの申し込みがあるか不安でしたが、、、ふたを開ければ満員御礼!

首都圏を中心に各地から集まった参加者さん達は心意気も高く、側溝の清掃活動では初めてとは思えない仕事ぶりでした!

作業中や食事時、交流会など、様々な場面で参加者の方達といろんな話をしました

震災のコト、原発のコト、どの話の間にも皆さんが被災地の事を思う気持ちがにじみ出ていて、感激しました

普段から和気あいあいボランティア活動をしている私達
初めて、更にお一人で参加されて方は少し引いてしまうのではと思っていましたが、そんなことは心配無用でした

最後に皆さんからメンバーへの感謝の言葉まで頂き今後の活動をしていく上で原動力になりそうです

また皆さんと再会できることを願いつつ今自分にできることを続けて行こうと思います

長谷川 愛


思うことは簡単 
思って行動することはちょっと難しい
それを継続することは、とても難しい
でも、できたらいいな
と思った第一回ツアー
皆さま、ありがとうございました!

細田 真弓
| カテゴリー: ボランティアツアー | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>